Responsibilities & Functions

もし倉庫を借りるならこれだけは知っておきたいこと

現代人はとにかく持ち物が多い

物が豊富にある時代になりました。昔のように少しの物を大切に使うよりも、多くの物を所有することに満足感を覚える人が多いのです。その反面、物を片付けていらない物を整理するという流れにもなってきていますが、まだまだ家の中に物がたくさんある家庭が多いのです。では、物をたくさん所有するとどうなるでしょうか。その答えは、整理ができなくなり、部屋だけでなく頭の中も乱雑になるです。物が多いと煩悩が増えると言われており、頭もすっきりしない状態が続くのです。

家庭用の倉庫を借りる場合

物が多い場合には棄てるのが一番ですが、どうしても棄てられない場合にはそのものを倉庫に預けることで、部屋の中をすっきりさせることができるのです。倉庫を借りる場合には業務用の大きな倉庫を思い浮かべる人もいますが、そこまで大きな倉庫である必要は無く、家庭用の荷物を収納できるほどの倉庫であれば十分です。最近は時代に合わせて家庭用の荷物を納めることができるコンテナ型の倉庫が増えています。レンタル倉庫という物になります。

タイプに合った倉庫を選ぼう!

倉庫を選ぶ場合には、その用途に合わせた倉庫を選ばなければお金を無駄にしてしまいます。たとえば、季節物のスキー板や暖房器具、扇風機やサーフィンボードなどをしまう場合には小型のコンテナ型の倉庫で十分です。それでもスペースがあり余るかもしれません。そこで、季節物の洋服や鍋などその季節には使わない物をすべて預けてしまってもいいかもしれません。また、保管に気温が大事な物に関しては冷暖房設備が付いている倉庫を選ぶべきです。

荷主企業に代わり最も効率的な物流戦略を立て、物流システムの構築の提案や受託を実行することを3PLといいます