Responsibilities & Functions

こんなにある!代理店契約ができる業種は意外と豊富

フランチャイズの定番は小売業

代理店契約と聞いてまず真っ先に思い浮かべるのが、コンビニエンスストアを代表格とする小売業ではないでしょうか。ですが、小売業と一口に言っても、かなり個性的なものも存在しています。海外自動車メーカーの正規代理店として日本で事業を営んでいくこともできますし、はんこ販売のフランチャイズに入ることもできます。チケットショップに100円ショップなど、自分に合ったものを選べるので選択肢の幅は広いです。ドラッグストアチェーンも有力でしょう。

飲食業もさまざまなタイプの中から選べる

小売業と並んで飲食業も、さまざまな種類のフランチャイズから好きなものを選んでいけます。ラーメンチェーンでもいいですし、寿司チェーンでもいいでしょう。ファーストフードなら、若い人たちを相手にして経営がしていけます。アイスクリームは夏場売上アップが期待できますし、居酒屋も悪くはないでしょう。ただ、どの業種がより儲かるかはしっかりと調べておく必要があるでしょう。原材料費や料理の大変さ、流行り廃りもすべて勘案してどれがいいか決めていくべきですね。

サービス業はさらに選択肢の数が増える

サービス業でも代理店契約は一般的になっていて、開業初心者の人でも安定して稼いでいくことができます。サービス業は比較的初期費用もランニングコストも低く抑えることができるので狙い目でしょう。塾や英会話教室なら、人件費以外にはほとんど何もコストがかかりません。最近は個別指導塾が人気になってきています。こうした業種は、小売や飲食のように在庫を抱える必要もないのでリスクが低いです。他にもクリーニング店や清掃関係の代理店もメジャーな存在です。

ある商品を売りたい人が依頼をして、代わりに商品の宣伝や販売を手広くやってもらうサービスを扱っている店を、代理店といいます