Responsibilities & Functions

太陽光発電は今後どのように普及していくのか?それとも?

太陽光発電の買取金額は?

太陽光発電の普及のポイントは、買取金額にあると言って過言ではありません。設置するからには少しでも利益が出ないと意味がありません。普及初めのころは、普及促進の目的で買取金額は¥48と倍額の金額でした。昨年度には¥32まで下がり今後は¥24となりました。よって売電価格は、使用している電気の金額と変わらない金額となってしまいました。要は、普及がある程度見通しの段階に達していることがわかります。これ以上の下落はないものの普及は緩やかになると思われます。

今後の太陽光発電の役割は?

太陽光発電の今までの役割は、余剰の電力を売ることによって利益を得る形でした。今後は、利益というよりは家庭用ではあくまでも光熱費の補助的な役割としての太陽光発電の意味が強くなっていきます。例えば家庭用で多いワット数の3キロワットだと買取金額が¥24の場合、月に¥5000~¥7000程度の稼ぎがいいところです。設置費用を考えるともとを取るのに約10年ぐらいはかかります。今後は、太陽光発電単独でなく蓄電器との組み合わせがポイントです。

設置を検討するときは、蓄電器と一緒に!

今後、太陽光発電を設置するときは、一番効率のいい蓄電器で一緒に設置をするのがお勧めです。一緒に設置をすることによって夜間の電気代がかなりお得になります。簡単にいうと月の電気代がほぼ無しになる可能性があります。買取価格が下落した今、設置をするのであれば少しでも無駄をなくすような方法をしないと太陽光発電は、家庭ではお得感がありません。月の電気代がほぼ無しでもかなり違いはあると思います。設置はするのがお得ですが、よく検討して設置をすることをお勧めします。

化石燃料は、将来的には枯渇する可能性が高いです。その為、10年後や20年後を考えると、太陽光発電の価格は値上がりするでしょう。