Responsibilities & Functions

こんなにあったの!?代理店のジャンルあれこれ

代理店とはそもそも何か

現在何らかの形で独立を検討している人にとって、代理店やフランチャイズは大きな魅力を持つシステムです。しかし中にはそれぞれがどういったものかわからず、検討すらしていないという人も少なくありません。そのような事態を避けるためにも、まずはそれぞれのシステムについて知っておく必要があります。代理店とは親会社や特定の企業などの代理となって、その会社の商品販売やサービスの提供をすることを指します。売上は出来高制ですが、初期費用が少なくてすむのが特徴です。

代理店のジャンルあれこれ

実際に自身が代理店を営む上で知っておきたいのが、代理店のジャンルです。一般的な認知度としては旅行代理店や保険代理店などがよく知られていますが、自動車ディーラーや修理工場、不動産業なども代理店として営むことが可能です。またその業種のみを取り扱う専業代理店と呼ばれる代理店の他、本業を営みつつその他の代理店を営む副業代理店なども存在し、自身の希望する条件や営みたい業種などに合わせて、様々な選択肢の中から選ぶことができます。

代理店を営む際に注意したいポイント

代理店を営む際の注意点として、なんといって売上が確約されていない点にあります。売り方などが確約されておらず、ある程度自由に販売できます。しかしその分本部などによるノウハウやマニュアルなどが確立されていないことが多く、自身で努力して売上を立てなければいけません。特にフランチャイズと違い、毎月の売上保障などもないため、全く売上がなければ収入がゼロということもあります。このように代理店のジャンルだけでなく押さえておきたいポイントは様々なものがあります。後悔しないためにも事前にしっかり押さえておく事が重要です。

代理店の募集とは、製造会社やサービスを提供する会社が商品を販売するにあたり、消費者の人との間をかけもつことにより、製造会社もしくは消費者から報酬を受け取る業務を請け負う業者を募集することです。