Responsibilities & Functions

独立開業にあたって最初の決断が会社の作り方になります

会社の種類は4つあります

個人か法人で行くかは迷うところです。最初は個人経営でスタートした後、経営が軌道に乗り、そこそこの商い規模になった時点で法人にするということも多く、これを通称法人成りと呼んでいます。個人か法人かを考え、「小なりとはいえ法人でゆく」と決意すると、種類は4つあります。その4つの中からどの法人で立ち上げるを選択しなければなりません。それが、株式会社、有限会社、合資会社、合名会社で、このほかにも公益法人や社団法人という特殊な組織もあります。

株式会社の特徴は出資額での責任となります

株式会社の特徴は、出資した金額の範囲で責任をとるという有限責任社員(株主)で構成されています。従って、株主という第三者から幅広く資金を集めることができるのです。株主は少額の出資しかできな者でも株主になれるため、株式会社は一般大衆から広く出資金を集められます。しかし、株券が有価証券として市場に流通するのは、東証一部上場などの会社です。一般には、知人などの特定で構成されている中小企業が大半で、株式が一般市場で流通することはありません。

有限会社は信頼関係で結ばれた人たち

有限会社は、有限責任社員(出資者のこと)のみで構成される組織です。社員は会社への出資額を限度として責任を負います。社員数は一人以上50人以下との定めがあります。そうして、社員及び役員の公募は禁止されています。また、出資分の社員以外への譲渡も制限されていることから、株式に流動性のある株式会社と比べれば、閉鎖的な面があります。この法人設立は、信頼関係で結ばれた人間同士で運営するのに適しているといえます。

フランチャイズ店は、昔で言うところの暖簾分けの様なシステムです。特に修行を積む必要がある訳ではありませんが、全国、或は世界的に有名な会社や店舗の名前を借り、売上の一部を支払います。