Responsibilities & Functions

これは怒る!プライバシーを親に破られる瞬間

親に自室を勝手に覗き見され・・

自分が留守にしている時、何の断りもなく親に自室を引っ掻き回されると良い気分はしないものですよね。なおかつそこから自分がそれまで秘密にしていたプライベートな弱点を暴かれ、帰宅直後に叱られる様なケースがあると、親子とは言えその理不尽さに大変腹が立つものです。究極的には自立し一人暮らしをするのが正解なのでしょうが、先ずはそれだけの年齢や立場になるまではひたすら我慢し忍耐力を身に着けると共に、部屋に鍵を掛ける事を徹底する等、防御策を立てておくのも良いでしょう。

兄弟経由で秘密がバレるケースも・・

自室の機密性が高かったとしても兄弟と同部屋の場合は油断禁物。特に兄弟の仲が悪い場合、こちらの隠していた弱みを握ってこっそり親に告げられ、結果親に叱られるというケースもよくあるケースですよね。こんな事態にならない様兄弟間の絆は強く保つ様努力すべき。兄弟間でいがみ合っても生活が楽しい訳がありません。またお互い親に知られたくないプライベートがあれば、協力してそれを隠し合うといったフォローの気持ちは非常に大切なものとなるでしょう。

届いた郵便物や荷物を勝手に開封される・・

同じ屋根の下に暮らす以上、基本的に外からの届け物に関して親に隠し事は不可能でしょう。問題なのはその内容。一般の郵便や宅配物はともかく、親展の内容まで勝手に開封され見られるケースというのは意外とよくあるもの。せめて重要な親展通知だけでも開封せずこちらが帰宅するまで取っておく様忠告しておくべきでしょう。もちろん宅配便やメール便といった大柄な届け物であれば、配達時間をこちらが在宅中に指定するといった心掛けも大事ですよね。

機密文書とはある特定の組織において取り扱われる文書のうち、秘匿するべき情報が記載されている文書であり、かつ機密として指定されているものをいいます。